どの業界でもそうだけど天下りやら癒着やらキックバックやら

私はIT業界をメインとしていますが、不動産家主もやっていて、ある程度裏事情ってやつを知っています。

例えば、ITの営業は一人のエンジニアを派遣する際、マージンを抜くのですが、抜いた全額が営業に入るわけじゃないわけです。7掛けだったりパーセンテージがあるわけです。

ということで、マージンが10万とすると、そのマージンを5万にしてあげて、3万は営業マンの個人口座に直接振り込んでね、その代わり君の会社は2万儲かるでしょって話とかよくある話です。

不動産も仲介手数料だけが売り上げではありません。引っ越しする際にほぼ100%火災保険に加入させられると思いますが、実はあの保険の40%程度は不動産業者にキックバックされます。

500万で不動産を買い、フルリノベーションして800万かかったとします。これを小銭稼いだ東京人や香港人、中国人に売るんです。アプラスはちょっと特殊なローンを組む会社ですから、買主は自己資本0円で800万の物件が買えたりします。なのでちょっと割高でも買ったりするんです。これが不動産のリスクです。

不動産価格は高騰しているのに家賃価格は特に高騰していない、ということは割高の不動産なんか収益物件として利益が上がるはずがないんですね。

ただ、自己資本0円っていう素敵で魅力な金持ち父さん的な話が実際はあるもんですから、世の中探せばいくらでもいるアホに売るんですね。

おかげで私が儲かるわけです。笑

これからはこういう会社の裏話なんかもしていこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA