<bean:size>タグの使い方

久しぶりにpure strutsなのでタグをかなり忘れましたが<bean:size>っていう便利なタグの使い方です。

よく使われる方法としては検索結果欄が0件の場合かどうかを判断して<logic>タグと併用して表示非表示を切り替えたりします。

<bean:size name="Bean名" id="dataSize" property="dataList" />

id属性で指定した名前が定義したい名前となります。

この名前をlogicタグのname属性で使用して、例えば0件でない場合表示します。

<logic:notEqual name="dataSize" value="0" >
// 表示部分
</logic:notEqual>

dataListがjava.util.Listクラスだとして、以下のようにするとJSPで表示することができます。

<bean:write name="dataSize" />
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA