2016年03月 一覧

NO IMAGE

シェルでディレクトリ配下のファイルを全削除する

シェルでディレクトリ配下のファイルを全削除する例です。

記事を読む

NO IMAGE

シェルでzipファイルを解凍する

シェルでzipファイルを解凍するには、unzipコマンドを使います。 batch.zipファイルを解凍する例です。

記事を読む

NO IMAGE

シェルで複数ディレクトリを削除する

シェルで複数ディレクトリを削除するには、rm -rコマンドを使います。 hulftとlogディレクトリを削除する例です。

記事を読む

NO IMAGE

シェルで複数ディレクトリを指定のディレクトリにコピーする

複数ディレクトリを指定のディレクトリにコピーするには、cp -rコマンドを使います。 hulft,logディレクトリをbkディレクトリ...

記事を読む

NO IMAGE

VBAで配列をループする

VBAで配列をループします。

記事を読む

NO IMAGE

VBAでサブフォルダを操作する

VBAで指定したフォルダのオブジェクトはGetFolderメソッドで操作します。 C:\testと表示されます。 SubFold...

記事を読む

NO IMAGE

VBAでブックを開く

VBAでエクセルブックを開くには、Openメソッドを使用します。 指定したファイルが存在しない場合はエラーとなります。以下では読み取り...

記事を読む

NO IMAGE

VBAでブックを閉じる

VBAでエクセルブックを閉じるには、Closeメソッドを使用します。 保存するか確認ダイアログを表示せずに閉じるには、Applicat...

記事を読む

NO IMAGE

VBAで表示倍率を100%にする

VBAで表示倍率を指定するにはActiveWindow.Zoomを使用します。 以下は100%にしています。

記事を読む

NO IMAGE

VBAで改ページプレビューと標準にする

VBAで改ページプレビューと標準にするにはActiveWindow.Viewを変更します。 xlPageBreakPreviewでプレ...

記事を読む

NO IMAGE

VBAでセル位置をA1にする

VBAでセル位置をA1にするにはSelectメソッドでセル位置を指定します。

記事を読む

NO IMAGE

VBAでフォルダ名を変更する

VBAでフォルダ名を変更するには、MoveFolderを使います。第一引数が変更前フォルダ名、第二引数が変更後フォルダ名になります。

記事を読む

NO IMAGE

VBAでファイルを移動する

VBAでファイルを移動するには、moveFileを使います。第一引数が移動ファイル名、第二引数が移動先フォルダになります。 移動先フォ...

記事を読む

NO IMAGE

VBAでフォルダをコピーする

VBAでフォルダをコピーするには、copyFolderを使います。第一引数がコピー元フォルダ、第二引数がコピー先フォルダになります。

記事を読む

NO IMAGE

VBAでファイルをコピーする

VBAでファイルをコピーするには、copyFileを使います。第一引数がコピー元ファイル、第二引数がコピー先ファイルになります。

記事を読む

NO IMAGE

VBAでファイルの存在を調べる

VBAでファイルの存在を調べるには、fileExistsを使います。存在する場合はtrue,存在しない場合はfalseを返します。

記事を読む

NO IMAGE

VBAでフォルダの存在を調べる

VBAでフォルダの存在を調べるには、FolderExistsを使います。存在する場合はtrue,存在しない場合はfalseを返します。

記事を読む

NO IMAGE

Oracle SQLのパフォーマンスチューニング

Oracle SQLのパフォーマンスチューニングについてです。 Oracleは内部的に大文字に変換する為、SQLは大文字で書きます。...

記事を読む

NO IMAGE

Selectした結果で複数列を更新する

Selectした結果で複数列を更新することができます。 以下のように記述します。 このように、=でサブクエリーをつなげることによ...

記事を読む

NO IMAGE

SQL*Loaderの使い方

SQL*Loaderの使い方です。コマンドは以下のようにします。 controlでコントロールファイルを指定します。 dataで...

記事を読む

NO IMAGE

負荷計測器とは

負荷計測器とは、1時間あたりの最大のガス量を計測する装置です。 負荷計と略したりします。

記事を読む

NO IMAGE

シェルでexpr lengthで文字列長を判断する

シェルでexpr lengthで文字列長を判断することができます。 結果は文字列長である4を返します。

記事を読む

NO IMAGE

シェルの特殊変数$?、$#

シェルの$?は、直前に実行されたコマンドのステータスを返します。 コマンドが成功していたら、$?には0が入ります。 $#はシェル...

記事を読む

NO IMAGE

シェルでif -nで文字列長チェックをする

シェルでif -nで文字列長チェックをする場合、しない場合を判断したい場合、-nを使います。 この時、変数$LINEはダブルクォーテー...

記事を読む

NO IMAGE

シェルでif -sでファイル0バイトチェックをする

シェルでif -sでファイル0バイトチェックをする シェルでif -sでファイル0バイトチェックをする場合、しない場合を判断したい場合、-...

記事を読む

NO IMAGE

シェルでif -eでファイル存在チェックをする

シェルでif文でファイルが存在する場合、しない場合を判断したい場合、-eを使います。

記事を読む

NO IMAGE

VBAでシートを移動する

VBAでシートを移動するには、SheetsオブジェクトのMoveメソッドを使用します。 以下では、一番目のシートを三番目のシート直前に...

記事を読む

NO IMAGE

VBAでシートを追加する

VBAでシートを追加するには、Sheetsオブジェクトのaddメソッドで追加することができます。 以下のようにsheet4が追加されて...

記事を読む

NO IMAGE

VBAでTypeステートメントを使用してユーザ定義型を宣言する

VBAでTypeステートメントを使用してユーザ定義型を宣言する事ができます。 プロシージャの外(モジュールの一番先頭)で宣言します。デ...

記事を読む

NO IMAGE

VBAのString型の文字列長を*で指定する

VBAのString型の文字列長を*で指定することができます。 通常は以下のように指定します。 これに、「* 文字列長」を追記す...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2