AWS Lambda(Python3.6)からDynamoDBのデータをバッチ登録する

求人
AWS Lambda(Python3.6)からDynamoDBのデータをバッチ登録する

AWS Lambda(Python3.6)からDynamoDBのデータをbatch_writerメソッドを使用してバッチ登録してみます。

このbatch.put_itemを繰り返し記述することで大量データを高速に登録することができます。

但しコード量が長くなってしまうので、for-in文を使用してループします。

以下、100件登録する例です。

これで100件登録することができます。ここで考えられるのは、キー重複してエラーとなってしまうということが考えられます。例えば既に1件だけでもデータが存在していた場合などです。

これを回避するために、overwrite_by_pkeysというのを指定できます。

とするだけです。’partition_key’と’sort_key’には実際の属性名を指定します。

以下200回ループして登録するプログラムを実行してみます。(既に100件の重複データがあ存在するとします)

正常に新たに100件追加されることが確認できます。結構便利な機能ですね。

put_itemメソッドで登録するのは「AWS Lambda(Python3.6)からDynamoDBにデータ登録する」参考ください。

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA