<c:set>タグの使い方

<c:set>の使い方です。

以下を宣言する必要があります。

<%@taglib prefix="c" url="http://java.sun.com/jsp/jstl/core" %>

valで変数名を指定し、value属性で値を指定します。

<c:set scope="request" val="root" value="ルート" />

変数rootはEL式で${root}というようにしてJSP内で使用します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA