DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

DynamoDBにはローカルで起動するDynamoDB localというローカルで動作するツールがあります。

JRE1.7以上が必要です。以下よりダウンロードします。

http://dynamodb-local.s3-website-us-west-2.amazonaws.com/dynamodb_local_latest.zip

zipを解凍すると以下のような構成で解凍されます。

DynamoDBLocal.jarをコマンドプロンプトから実行します。

C:\DynamoDB-local>java -Djava.library.path=./DynamoDBLocal_lib -jar DynamoDBLocal.jar -sharedDb
Initializing DynamoDB Local with the following configuration:
Port: 8000
InMemory: false
DbPath: null
SharedDb: true
shouldDelayTransientStatuses: false
CorsParams: *

これでDynamoDB-localが起動されました。

このまま、http://localhost:8000/shell/にアクセスします。

DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

右上の</>ボタンを押します。以下のようにAPIテンプレートが表示されます。

DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

とりあえずテーブルを作成したいので「CreateTable」をクリックします。

GlobalSecondaryIndexes、LocalSecondaryIndexesはオプショナルなので削除しました。

var params = {
  TableName: 'table_name',
  KeySchema: [ // The type of of schema. Must start with a HASH type, with an optional second RANGE.
    { // Required HASH type attribute
      AttributeName: 'hash_key',
      KeyType: 'HASH',
    },
    { // Optional RANGE key type for HASH + RANGE tables
      AttributeName: 'range_key',
      KeyType: 'RANGE'
    }
  ],
  AttributeDefinitions: [ // The names and types of all primary and index key attributes only
    {
      AttributeName: 'hash_key',
      AttributeType: 'S' // (S | N | B) for string, number, binary
    },
    {
      AttributeName: 'range_key',
      AttributeType: 'S' // (S | N | B) for string, number, binary
    }
  ],
  ProvisionedThroughput: { // required provisioned throughput for the table
    ReadCapacityUnits: 1,
    WriteCapacityUnits: 1,
  }
};
dynamodb.createTable(params, function(err, data) {
  if (err)
    ppJson(err); // an error occurred
  else
    ppJson(data); // successful response
});

これで実行します。

DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

コンソール側に以下が表示されます。

DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

を押せばすべて展開されますし、を押せば全て閉じられます。

listTablesでテーブル一覧を表示する

APIテンプレートよりListTablesを選択します。

var params = {
};
dynamodb.listTables(params, function(err, data) {
  if (err)
    ppJson(err); // an error occurred
  else
    ppJson(data); // successful response
});

このコードを実行すると、以下のような結果がコンソールに返ってきます。

DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

テーブル一覧にtable_nameというのが存在することがわかります。

PutItemで項目(行)をインサートする

APIテンプレートのPutItemをクリックして以下のように書き換えます。

var params = {
  TableName: 'table_name',
  Item: { // a map of attribute name to AttributeValue
    hash_key : '1',
    range_key : '1',
    first_name : 'taro'
  }
};

docClient.put(params, function(err, data) {
  if (err)
    ppJson(err); // an error occurred
  else
    ppJson(data); // successful response
});

次にAPIテンプレートよりscanしてみます。

var params = {
  TableName: 'table_name'
};
dynamodb.scan(params, function(err, data) {
  if (err)
    ppJson(err); // an error occurred
  else
    ppJson(data); // successful response
});

結果は以下のようになります。項目が1件追加されているのが確認できます。

DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

フロッピーディスクのアイコンをクリックすると、今のコーディングをテキスト形式で保存してダウンロードすることもできて、便利です。

DynamoDBのローカル版DynamoDB localのインストール方法と使い方

参考サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA