ECMA Script6(JavaScript)のnew Date()をUTCからJSTに変換する方法

ECMA Script6(JavaScript)のnew Date()をUTCからJSTに変換する方法です。(時間だけ)

ECMA Script6(JavaScript)のnew Date()をUTCからJSTに変換する方法

new Date()するとUTC時間になります。

結果を見てみます。

日付出力形式のT

上記を見ると、Tという文字が年月日と時間の間に表示されています。

このTは、年月日と時間の区切りを表す意味があります。

日付出力形式のZ

上記を見ると、末尾にZという文字が表示されています。

これはUTCを意味しています。

UTCとJST

JSTとは簡単に言うと日本時間です。UTCは世界協定時間?みたいなもので、日本時間から9時間引いた時間がUTCになります。

UTCからJSTに変換する

new Date()でJSTのDateオブジェクトを取得するメソッドはありません。(多分)

ということでUTCから計算してJSTに変換します。といっても9時間足すだけです。

これでdateの時間はJSTに変換されます。

取得するときに注意

UTCをJST時間に合わせただけなので、影響を受けるメソッドはgetUTCFullYear()やgetUTCDate()やgetUTCHours()などのUTCがつくメソッドのみとなります。

AWS上では全てUTCになる

Lambda(node.js)で、getHours()の戻り値とgetUTCHours()の戻り値は同じになります。(その他のメソッド全て)

どうもAWS上では全てUTCが戻ってくるようです。

以下をindex.jsとして、ハンドラをindex.handlerにして実行してみると結果が同じであることがわかります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA