ECMA Script6(JavaScript)のnew Date()をUTCからJSTに変換する方法

ECMA Script6(JavaScript)のnew Date()をUTCからJSTに変換する方法です。

ECMA Script6(JavaScript)のnew Date()をUTCからJSTに変換する方法

new Date()するとUTC時間になります。

let a = new Date();
console.log(a);

結果を見てみます。

2017-12-02T08:05:52.376Z

日付出力形式のT

上記を見ると、Tという文字が年月日と時間の間に表示されています。

このTは、年月日と時間の区切りを表す意味があります。

日付出力形式のZ

上記を見ると、末尾にZという文字が表示されています。

これはUTCを意味しています。

UTCとJST

JSTとは簡単に言うと日本時間です。UTCは世界協定時間?みたいなもので、日本時間から9時間引いた時間がUTCになります。

UTCからJSTに変換する

new Date()でJSTのDateオブジェクトを取得するメソッドはありません。(多分)

ということでUTCから計算してJSTに変換します。といっても9時間足すだけです。

let date = new Date();
date.setTime(date.getTime() + 1000*60*60*9);// JSTに変換
console.log(date);

これでdateの時間はJSTに変換されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA