ECMA Script6(JavaScript)のtruthy and falsy

ECMA Script6(JavaScript)のtruthy and falsyについてです。

Pythonなんかができる人だとtruthy and falsyがわかるようですが、私は不勉強でしたので今日まで知りませんでした。

!!aみたいなコーディングがあったので調べてみました。

notのnotなのでaの型が何か知らないがbooleanで評価したい場合に!!を使うようです。

以下、評価すると真偽値になります。

let s = null;
console.log(!!s);
s = '';
console.log(!!s);
s = 'str';
console.log(!!s);
s = undefined;
console.log(!!s);
s = {};
console.log(!!s);

結果は以下のようになります。

false
false
true
false
true
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA