Excelの関数でエラーが出た時に表示させないIFERROR関数

Excelで関数がエラーとなった場合に、#VALUE!と表示されます。

このエラーを表示させないようにするためにIFERROR関数と言うのが用意されています。

ABCDEという値がA1セルに入力されているとします。

=FIND("a",A1) → #VALUE!
=IFERROR(FIND("a",A1),"-") → -

となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA