JMockitでプロシージャ戻り値のモック

JUnitで自動化テストする場合、プロシージャ呼び出しの戻り値をハックし、意図的に0以外(エラー)にしたい場合があります。そのような場合、以下のように記述します。

気を付けなければいけないのは、new MockUp内に@Mockを複数書くようにしないといけません。

@Test
public <T extends CallableStatement> void test01 {
  new MockUp<T>(){
    @Mock
    int getInt(int i) throws SQLException {
      return -1;
    }
    @Mock
    String getString(int i) throws SQLException {
      return "エラーテスト";
    }
  };
  ~
  ~
}
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA