JMockitの@Mockアノテーション

JMockitの@Mockアノテーションは、モック化したクラスのメソッドをハックし、別処理をさせることができます。

非常に便利です。

以下は、log4jのinfoメソッドが実行された時に、「開始」と表示されるかどうかを検証するために@Mockを使用している例です。

new MockUp<Log4JLogger>() {
  @Mock
  public void info(Object obj) {
    // 期待値
    String expected = "開始";
    // 実行結果
    String actual = obj.toString();
    // 検証
    assertThat(actual,is(expected));
  }
};

以下のような記述方法も可能です。

public <T extends ResultSet, P extends PreparedStatement> void test() throws Exception

new MockUp<T> {
  @Mock
  int getInt(String str) {
    retrunt 1;
  }
};
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA