jQueryのセレクタ

jQueryのセレクタがいっぱいありすぎて覚えれないです。

セレクトボックスにname属性を使用してアクセスする場合$(‘select[name=hoge’)と言う感じでアクセスできます。

ボタンを押すとセレクトボックスが押せなくなります。DEMOです。

フォーム部品をdivタグで囲んでいるような場合、divタグのidをallとすると$(‘#all :input’)とするとdivタグ内の全てのinput部品を操作することができます。

以下ではdivタグ内のテキストボックスを全てdisabledにします。

DEMOです。

画面上の全てのセレクトボックスを選択するには$(‘select’)とします。

テキストボックスの場合は$(‘input[type=text]’)とします。これで画面上の全てのテキストボックスを操作できます。

DEMOです。

ラジオボタンを操作する場合は$(‘input[type=radio]’)とします。

DEMOです。

チェックボックスを操作する場合は$(‘input[type=checkbox]’)とします。

$(‘input[type=checkbox]’).prop(“checked”,false);という感じです。

テキストエリアを操作する場合は$(‘textarea’)とします。

ファイル名と参照ボタンの操作をする場合は$(‘input[type=file]’)とします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA