jQueryのパフォーマンス改善

jQueryでパフォーマンスを意識しないといけない場合、いくつか高速化するための例をあげます。

・セレクタはid属性を指定する

$(“a”)より$(“#a”)の方が処理が早いです。セレクタがid属性を指定することが可能であればid属性を指定するようにした方が良いです。

・jQueryオブジェクトはJavaScript変数に格納する

$(“#id”)を何度も使う場合があると思います。

例えば以下のようなソースです。

$("id").attr(~)
$("id").append(~)
$("id").html(~)

このようなソースの場合は、$(“id”)を変数に格納して使うようにします。

var id = $("id");
id.attr(~)
id.append(~)
id.html(~)

・ループ内にメソッドを使用する場合は違う方法でできるか考える

例えば、ulタグにliタグを複数追加したいとします。

ソースは以下のような感じです。

for(var i = 0;i < 10;i++){
  $("ul").append("<li>" + i + "</li>");
}

基本的にjQueryのメソッドは重いので多用は避けるべきです。

JavaScriptでできるように以下のようにコーディングすべきです。

var ul = $("ul");
var li;
for(var i = 0;i < 10;i++){
  li = li + "<li>" + i + "</li>";
}
ul.append(li);

・メソッドチェーンする

メソッドチェーンすることによってセレクタの捜査処理が軽減されるため、なるべくメソッドチェーンするようにします。

$("id").attr(~)
$("id").append(~)
$("id").html(~)

上記のソースなら以下のように書き換えます。

$("id").attr(~).append(~).html(~)

・セレクタを単純に書く

セレクタは要素を探す処理なので複雑だと処理が重くなります。

$(“#ul a”)というセレクタがあるとします。この場合はfindメソッドを使用してセレクタの書き方はid属性だけにします。

$(“id”).find(“a”)とする方が早くなります。

DEMO

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA