lambda作成画面からAPI Gatewayが作成できるようになっている

lambda作成画面からAPI Gatewayが作成できるようになっている

最近AWSのインフラ周りを最近勉強しているんですけど、API Gateway + lambda + DyanmoDBというのもおさらいしたいと思って久しぶりにlambda関数を作成しようとしたら、トリガー(今回で言うAPI Gateway)の作成もできるようになっていました。

UI変わりすぎで、正直勉強追いつきません。

lambda作成画面からAPI Gatewayが作成できるようになっている

トリガーに「API Gateway」を設定して、反転させると薄い青色になります。これで下にスクロールすると、以下のようにAPI Gatewayを作成することができます。もしくは既存のAPI Gatewayを選ぶことが可能になっています。

lambda作成画面からAPI Gatewayが作成できるようになっている

これで「追加」を押すと、APIが作成されます。これは私の気のせいかもしれませんがAPI作ってもすぐにlambdaを選択することができず、多少タイムラグがあるように思います。が、気のせいだったらすみません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA