<nested:iterate>タグの使い方

<nested:iterate>タグを使うには以下宣言をします。

<%@taglib uri="struts-nested" prefix="nested" %>

nestedのメリットはname属性を省略できることです。indexIdも必須ではありません。

<nested:iterate property="detailForm" indexId="count">
  //処理
  <nested:text property="id" />
</nested:iterate>

indexIdで指定したcountは、タグ内で以下のようにして使用することができます。

<%=count %>

detailFormプロパティが複数件ある場合、nested:iterate内のidプロパティのhtmlソースは以下のようにはきだされます。

<input type="text" name="detailForm[0].id" />
<input type="text" name="detailForm[1].id" />

logic:iterateではidと各部品のnameを紐づけます。

<logic:iterate id="detail" name="ビーン名" property="detailList">
  <html:text name="detail" property="プロパティ名" indexed="true" />
</logic:iterate>

htmlソースは以下のようにはきだされます。

<input type="text" name="detail[0].id" />
<input type="text" name="detail[1].id" />
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA