node.jsでローカル環境からAWS上のサービスにアクセスする方法

node.jsでローカル環境からAWS上のサービスにアクセスすることができます。

CLIが使える前提です。

会社によってはプロキシを設定しているので、以下の環境変数にプロキシを設定する必要があります。

http_proxy http://xxxxxx:80
https_proxy http://xxxxxx:80

これでローカル環境から、たとえばSNSのメッセージングをAWS上のトピックに送ることができるはずです。

が、しかし、実際はできません。以下参考サイトを見ればわかりますが、node.jsに限ってはconfigにprocess.env.HTTP_PROXYを設定してあげる必要がります。

以下、configの記述例です。

const proxy = require('proxy-agent');// このモジュールが必要
const config = {
  'region': 'us-east-1',
  'httpOptions': {agent: proxy(process.env.HTTP_PROXY)}
};

以下のコマンドでモジュールをインストールしておきます。

npm install proxy-agent --save

node.jsだけこの設定をする必要があるようです。

参考サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA