npm installの使い方

今さらですが、npmコマンドの使い方です。Eclipseでいうmavenのようなものです。

npm init

という使い方です。ここから始まります。

この配下をnpm管理下にするといことです。package.jsonが作成されると思います。

次にツール(パッケージ)を入れます。gulpを入れてみます。

npm install --save-dev gulp

とタイプします。

「node_modules」というフォルダが作成され、その配下にgulpとそれに依存するツールが全てインストールされます。

–save-dev

npm installする際に「–save-dev」を付けると、「開発中の未使用するツール」という意味になります。

このインストールをすると、package.jsonが変わっていると思います。

見て分かるように、gulpは「dependencies」ではなく、「devDependencies」に追加されているのがわかります。

本番の時にいらないツール類は「–save-dev」を付けてインストールします。

アンインストール

npm uninstall --save-dev gulp

とタイプします。

-g

「-g」をつけると、グローバルインストール、というインストールになります。通常通りインストールされ、パスも通るのでそのまま使えます。package.jsonに変更はありません。

npm install chai -g

「-g」をつけないインストールを、ローカルインストール、といい、多分VSCodeでは使えますが、パスは通ってないと思います。

この場合もアンインストールはinstallをuninstallに変えるだけです。

npm uninstall chai -g

npm install

このコマンドを実行すると、package.jsonの依存関係(dependenciesやdevDependencies)を見て、全てインストールします。

チームで開発する場合はpackage.jsonの依存関係はよく追加されるので、コミット対象となると思います。

誰かが追加した依存関係をインストールする為には、npm installと実行する必要がでてくるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA