Springの雛形を作成する

コマンドプロンプトで適当なワークスペースに移動します。

c:\workspaceとすると、その配下は空の状態にします。

既にディレクトリが存在するとエラーになったりします。エラーが出た場合は以下のように-Xを指定します。

基本的には-Xは不要です。

c:\workspace>mvn -B -X archetype:generate -DgroupId=com.confrage -DartifactId=sp
ringboot -Dversion=1.0.0-SNAPSHOT -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quicksta
rt

BUILD SUCCESSと表示されたら成功で、-DartifactIdで指定したフォルダが作成されます。

作成されたフォルダ配下にpom.xmlとsrcフォルダが作成されていると思います。

pom.xmlを以下のように修正します。(java1.8を使用しています)

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/maven-v4_0_0.xsd">
<modelVersion>4.0.0</modelVersion>
<groupId>com.confrage</groupId>
<artifactId>springboot</artifactId>
<packaging>jar</packaging>
<version>1.0.0-SNAPSHOT</version>
<name>springboot</name>
<url>http://maven.apache.org</url>

<!-- modified start -->
<parent>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-parent</artifactId>
<version>1.1.8.RELEASE</version>
</parent>
<!-- modified end -->

<dependencies>
<!-- modified start -->
<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
</dependency>
<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-test</artifactId>
</dependency>
<!-- modified end -->

<dependency>
<groupId>junit</groupId>
<artifactId>junit</artifactId>
<version>3.8.1</version>
<scope>test</scope>
</dependency>
</dependencies>

<!-- modified start -->
<build>
<plugins>
<plugin>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-maven-plugin</artifactId>
</plugin>
</plugins>
</build>

<properties>
<java.version>1.8</java.version>
</properties>
<!-- modified end -->
</project>

これでpom.xmlの設定は終わりです。

src\main配下にApp.javaができているはずです。

ちなみに、spring bootではtomcat(APサーバ)が組み込まれているので、別途Tomcatをインストールする必要はありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA