StringUtilsの便利なメソッドの使い方

StringUtilsクラスは便利なメソッドが多いです。

まず定数でも便利な定数があります。

StringUtils.EMPTY → ""
StringUtils.SPACE → " "

StringUtils.isEmpty()

一番有名なメソッドと思われるメソッドです。

StringUtils.isEmpty(null); → true
StringUtils.isEmpty(""); → true

StringUtils.substring()

文字列操作をするメソッドです。

第一引数が、対象文字列、第二引数が、開始位置(基底0)、第三引数が、終了位置(基底1)となります。

StringUtils.substring("test", 0, 3); → tes
StringUtils.substring("test", 1, 3); → es

StringUtils.length()

引数の文字列長を返すメソッドです。

StringUtils.length("aiueo"); → 5
StringUtils.length(null); → 0(nullなら0を返す)

StringUtils.defaultString()

引数の文字列がnullの場合、””を返すメソッドです。

StringUtils.defaultString(null); → ""
StringUtils.defaultString(""); → ""
StringUtils.defaultString("aaa"); → "aaa"

その他にも、StringUtils.replaceOnce()などが便利です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA