STSでSpring Bootプロジェクトを作成する

コマンドラインからSpring Bootプロジェクトを作成することができますが、STSでSpring Bootプロジェクトを作成する事もできます。

「ファイル」-「新規」から「Spring Starter Project」を選択します。

STSでSpring Bootプロジェクトを作成する

「Web」にチェックをいれます。

これで、SpringbootDiApplication.javaが作成されるのでアノテーションやhomeメソッドを追加します。

package com.confrage;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.EnableAutoConfiguration;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
@EnableAutoConfiguration
public class SpringbootDiApplication {

  @RequestMapping("/")
  String home(){
    return "Hello World!";
  }

  public static void main(String[] args) {
    SpringApplication.run(SpringbootDiApplication.class, args);
  }
}

これでSTSのエクスプローラからjavaファイルを右クリックしてWebアプリケーションを実行するとhttp://localhost:8080/にアクセスすることができるようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA