System.out::println

Java1.8からSystem.out::printlnというのが使えるようになりました。

以下、String文字列の配列に対してforEachメソッドを実行し、その引数にSystem.out::printlnを指定すると、順に標準出力されます。

package purejava;

import java.util.Arrays;
import java.util.List;

public class Test001 {

public static void main(String[] args) {
List<String> names = Arrays.asList("a","b","c","d");
names.forEach(System.out::println);
}
}

以下、コンソールです。

a
b
c
d

また、list.stream()メソッドを使用するとjava.util.stream.Stream配列が返ります。

記述方法も独特で、以下のように記述します。

package purejava;

import java.util.Arrays;
import java.util.List;
import java.util.stream.Stream;

public class Test001 {

public static void main(String[] args) {
List<String> names = Arrays.asList("a","b","c","d");
Stream<String> stream = names.stream();

// 表示
stream.forEach(e -> System.out.println(e));
}
}

以下、コンソールです。

a
b
c
d
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA