Visual Studio Codeの使い方

求人

Visual Studio Codeという超軽量なIDEのようなものがこれから流行りそうなので使ってみました。

ダウンロードはこちらからです。

exeをダウンロードしたらダブルクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

インストール先を指定して、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「PATHへの追加」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

「インストール」をクリックすると、インストールが始まります。

「完了」をクリックして終了です。

Visual Studio Codeを起動する

Visual Studio Codeを起動します。一見するとSublimeTextにそっくりですね。非常に動作が軽いです。

ここでは、バージョンは1.16.1を使用しています。

初期画面は以下のような感じです。

でコマンドプロンプトが表示されたりするので、非常に便利です。

MarkDown記法

Visual Studio CodeはMarkDown記法を使用した文章作成に優れているようです。

GitHubのREADMEに採用されているので馴染み深いかと思います。

MarkDown記法の文章は拡張子を.mdとします。

見出し

プレビューを見たい場合は

を押すと、以下のようにプレビュー画面が右側に表示されます。

でも表示されます。

改行

改行したい末尾に半角スペースを2スペース以上入れると、改行されます。

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA