VSCodeの便利なプラグイン

VSCodeの便利なプラグインを紹介します。

VSCodeの便利なプラグイン

Code Runner

このプラグインを有効にすると、ファイルにいきなりコーディングを書いて実行することが可能になります。

ちょっとした動作確認などによく使います。

JavaScriptの使い方として、Ctrl + Alt + jを押して「JavaScript」を選択すると実行されます。

ファイルの右下で、JavaScriptにした場合は、Ctrl + Alt + nで実行することができます。

Jumpy

Jumpyはカーソルを色々な箇所にショートカットで移動できるプラグインです。

設定は、Ctrl + k,Ctrl + sを押します。keybindings.jsonをクリックします。

これがJumpyの設定ファイルになります。

私は以下のように設定しています。

[
  {
    "key": "ctrl+shift+j",
    "command": "extension.jumpy-word",
    "when": "editorTextFocus"
  },
  {
    "key": "ctrl+[",
    "command": "extension.jumpy-exit",
    "when": "editorTextFocus && jumpy.isJumpyMode"
  },
  {
    "key": "escape",
    "command": "extension.jumpy-exit",
    "when": "editorTextFocus && jumpy.isJumpyMode"
  }
]

Ctrl + Shift + jを押すとジャンプできる個所が表示されます。その個所ごとにiiなどというようにショートカットキーがありますので、それをキー入力するとカーソルがジャンプします。

VSCodeの便利なプラグイン

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA