VSCode で VS Live Share を試す

Microsoft がVS Live Shareを public preview で公開しています。
VS Live Shareは複数人で1つのコードを編集することが可能となります。
今回は、VSCodeでこの機能を使用してみたいと思います。

前提

VSCodeでVS Live Shareを利用するには、VSCode 1.22.0以上が必要です。
以下内容では、以下のGitHubユーザが登場します。

ユーザ
o-dev01
o-dev02

VSCode に VS Live Share をインストール

VSCode の拡張機能で以下を探し、インストールしてください。

extension vs live shre

再起動後、依存関係のダウンロードが行われます。その間、status bar に以下が表示されます。表示が消えれば完了です。

vscode status bar

Sign in

status var に以下の Sign in が表示されますので、クリックします。

vscode status bar signin

ブラウザが開き、Microsoft account か github account で Sign in することができます。任意で選択してください。

セッションを開始

Sign in が完了していると、status bar に Share が表示されます。
※以下はo-dev01ユーザでSign inしている場合

vscode status bar share

Shareをクリックするとセッションが開始されます。クリップボードに URL が設定されます。この URL を共に開発する方に展開します。

セッションに参加

URL を展開された方は、その URL にアクセスし指示に従うだけで完了です。
※VS Live Share がインストールされている必要があります。
※セッションに参加するにもSign inが必要です。

接続が完了すると

以下の様に、リモートでアクセスしているカーソルが表示され、編集も可能となります。
※以下はo-dev02ユーザが接続したうえで、編集しているのをo-dev01ユーザが見ています。

remote edit

セッションを終了する

status barに表示されているSign inしているユーザ名をクリックし、「End Collabolation Session」を選択すると終了です。

承認をしないと接続できないようにしたい場合

VSCode の設定を開き以下のプロパティを true にしてください。

その上で、Share を開始すると、接続があった際に確認が表示されます。
承認すれば、セッションに参加することができます。

ECMAScript,Javaを扱います。
最近は、vue.jsなどフロントエンドの技術に興味あり!

中日ドラゴンズを応援してます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA