WinCVSの使い方

かなり古いソフトですがCVSのGUI版です。

このソフトで、新しいファイルをソース管理するには、ソース管理されていないファイルを選択して「Modify」-「Add」とするとソース管理されるようになります。

フォルダ構成がたいてい複雑なので、色々なフォルダにソース管理されていないファイルが散在すると思います。この場合、「Flat Mode」にします。そして「View」-「Toolbar」-「Filter」で「Show Unknown Only」を選択して、ソース管理されていないファイルだけを表示する事が出来るようになります。

フォルダ構成が複雑な場合に、色々なフォルダにAddしたファイルが散在する場合があります。この場合、全ファイルを一気にコミットするにしても散在しているので各フォルダに移動しないとできません。「Flat Mode」にしてから「Show All Commitable Files Only」を選択するとコミット可能なファイルだけが一覧表示されるようになります。

・ファイルを削除する

ファイルを削除するには、[Modify] – [Erase]で物理削除することができます。

・ファイルをソース管理対象にする

ファイルをソース管理対象にするには、[Modify] – [Add]します。

・ファイルを削除してコミットする

不要になったファイルを削除したい場合の手順です。

対象ファイルを[Modify] – [Remove]してからそのファイルをコミットします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA