Zabbix2.4.2でアクションを作成してメール送信する

Zabbix2.4.2でアクションを作成してメール送信してみます。

「設定」-「アクション」から「アクションの作成」を押します。

アクションにはイベントソースというのがあり、今回は「トリガー」にします。

「アクション」タブで、アクション名を設定します。今回は「テスト」としています。

次に「アクションの実行条件」タブを選択します。

「トリガーの値」=「障害」にして、「追加」を押します。

「追加」を押すと、ラベルがAというアクションが登録されているのが分かります。

次に「アクションの実行内容」タブを選択します。

「新規」をクリックします。

「実行内容のタイプ」は「メッセージの送信」を選択します。

ユーザーグループかユーザを追加します。詳細は、Zabbix2.4.2でユーザを登録するを参照してください。

「次のメディアのみ使用」は「Email」を選択します。

「追加」をクリックします。

ここまで設定したら、一番下の「追加」ボタンを押します。これでアクション設定完了です。

これでトリガーのどれかが障害になればメールが送信されます。

ステップとは

ステップとはアクションを実行する回数のことです。

上記のように開始を1、終了を3にすると3回アクションが実行されます。

また、ステップの間隔は60秒が最少で、0を指定すると、「デフォルトのアクション実行ステップの間隔」が適用されます。

上記の場合、60秒ごとにユーザーグループ宛にメールが送信されます。

リカバリメッセージ

正常に復旧したタイミングでメールを送信してほしい場合、「アクション」タブの「リカバリメッセージ」にチェックを入れます。

トリガーが正常に戻ればメールが送信されるようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA