カバレッジツールnycモジュールの使い方

カバレッジツールnycモジュールの使い方

カバレッジツールでnycと言うモジュールがあります。

npm install –save-dev nyc

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

でモジュールをインストールします。

npm test

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

でテストした結果のカバレッジレポートを出力するには以下のようなコマンドを書きます。

package.jsonのscripts

npmスクリプトでnyc+mochaを実行する場合はnpx nyc mocha --recursiveでOKです。

–recursiveオプションを付けることによって、テストコードのディレクトリを再帰的に検索してレポート出力してくれます。

npx nyc report –reporter=html && npm test

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

git-bashなら&&はいらないかもしれませんが、コマンドプロンプトなら必要なので&&をつけて出力されました。

なぜnpm test(npm run test)を付けるかと言うと、このテスト結果に対してカバレッジレポートが出力されるためです。

特定のファイルとディレクトリを除外する

カバレッジレポートが全て必要なわけではなく、srcフォルダ以下の拡張子がjsファイルのみ、等と言う時は、特定のファイルとディレクトリを除外することができます。

package.jsonに以下のように記述します。記述方法はglobに対応しています。

{
"nyc": {
"exclude": [
"**/*.spec.js",
"!**/*.test.js"
]
}
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

先頭に!マークをつけると除外しないと言う意味になります。

.nycrc.jsonというファイルを作成してそのJSONファイルに上記JSONを記述しても良いです。

.nycrc.jsonのサンプルです。

{
"nyc": {
"all": true,
"check-coverage": true,
"include": [
],
"exclude":[
]
},
"reporter": "html",
"report-dir": "report",
"temp-dir": ".nyc_output",
"sourceMap": true
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

参考サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA