プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

踏み台サーバ経由せずにSessionManagerPluginをインストールしてプライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップ接続を試みます。

SessionManagerPluginをインストール

SessionManagerPluginをインストールします。

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

EC2(Windows)

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

EC2(Windows)インスタンスを作成します。

セキュリティグループ

デフォルトで作成するとRDP用のポート3389、ソースが「0.0.0.0/0」で公開されます。

ソースは後で絞ればよいかと思います。

IAMロール

EC2にIAMロール「AmazonSSMRoleForInstancesQuickSetup」を割り当てます。

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

「IAMロールを変更」を選択します。

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

「保存」を押して設定完了です。

PowerSherllから実行

これを実行します。ポートは3389に対して、ここでは13389にします。

EC2(Windows)のID,PW

IDはAdministratorです。パスワードは、EC2作成時のpemから復号して表示します。

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

赤枠部分がパスワードになります。

リモートデスクトップ

リモートデスクトップを起動します。

「localhost:13389」で接続します。

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

プライベートサブネット上のEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続する

接続確認できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA