Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

Amazon ECSの「クラスターの作成」をクリックします。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

「EC2 Windows + ネットワーキング」を選択して「次のステップ」をクリックします。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

Windows Server 2016にしています。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

「作成」を押せば完了です。

パブリックサブネット、セキュリティグループはここでは8080としていますが、RDP接続する場合は後から3389ポートの追加が必要です。

EC2(Windows)のログインユーザとパスワード

ログインユーザはAdministratorです。

パスワードはpemより生成します。「パスワードを取得」をクリックします。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

pemファイルを指定して「パスワードを復号化」をクリックします。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

これでパスワードが表示されます。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップ接続します。

EC2のパブリックIPを指定します。

リモートデスクトップ接続

ログインできない場合はセキュリティグループのインバウンドに3389を追加してください。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

ログインユーザ、パスワードを入力します。

Amazon ECS(Windows)を使ってリモートデスクトップ接続してみる

これでリモートデスクトップでECSで作成したWindowsにログインすることが出来ます。

このEC2にはdockerが入っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA