Angular の@ViewChildの使い方

Angular の@ViewChildの使い方

Angular の@ViewChildを使えば、parent to view child というように親コンポーネントから子コンポーネントのメソッドなどにアクセスできるようになります。

またコンポーネントの#変数にアクセスできるようになります。

例えば子要素の数を知りたい場合、親要素に#変数を付加します。この変数がViewChildと紐づきます。

app.component.html

app.component.ts

onTestイベントハンドラが@ViewChildを使ってdivタグの情報を取得できているのがわかります。

参考サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA