Angular8で追加された新機能Differential Loading(差分ロード)

Angular8で追加された新機能Differential Loading(差分ロード)

去年の末あたりにAngular7がリリースされたと思ったのですが、もうすでにAngular8がリリースされました。大体半年スパンでメジャーバージョンが上がっていますね。Javaみたいですね。

Angular7から8にアップデートするには

で一発です。

ivyとbazelについては来週までちょっと待って~みたいなことが書いてます。オレオレ翻訳ですが、、。

Differential Loading(差分ロード)

Angular8ではDifferential Loadingという機能が目玉のようです。直訳すると差分ロードでしょうか。

重くて仕方がないAngularがこの機能によって早くなるようです。検証とかは嫌いなので行いません。

と同時にes5とes2015のどちらにも対応するようでモダンブラウザじゃなくても良きに計らってAngularが動作してくれるそうです!これはすごい。

ちなみにそこだけ試しました。

6行目と15行目にmain-es5とmain-es2015が作成されていることが確認できます。

ちなみに以下非推奨になった機能です。

Angular8.1で非推奨ガイド

この非推奨はAngular9でも10でも非推奨だと公式サイトで言っています。

公式サイト

さらにbrowserslistはデフォルトでIEはサポートしていないです。

IE対応したい場合はnotを削除しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA