API GatewayでプライベートAPIを作成する方法

API GatewayでプライベートAPIを作成する方法

プライベートAPIを作成して、自分のアカウントのEC2からしかアクセスできないプライベートAPIを作成します。

エンドポイントの作成

まずVPCでエンドポイントを作成します。

API GatewayでプライベートAPIを作成する方法

API GatewayでプライベートAPIを作成する方法

セキュリティグループを指定します。インバウンドルールに443ポートを追加します。

「エンドポイントの作成」をクリックして完了です。VPCエンドポイントIDをAPI Gatewayで使います。

REST API(プライベート)の作成

API GatewayでREST API(プライベート)を作成します。

API GatewayでプライベートAPIを作成する方法

エンドポイントタイプを「プライベート」にします。そうするとVPCエンドポイントID入力欄が表示されますので、先ほど作成したVPCエンドポイントIDを入力します。

API GatewayでプライベートAPIを作成する方法

入力したら、「APIの作成」をクリックして完了です。

リソースポリシーの設定

プライベートAPIでは必ずリソースポリシーを設定しなければいけません。

以下のようにVPCエンドポイントIDを指定します。複数ある場合は、配列にしてカンマ区切りで指定します。

{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Effect": "Allow",
"Principal": "*",
"Action": "execute-api:Invoke",
"Resource": "arn:aws:execute-api:ap-northeast-1:111222333444:u11122xxx3/*",
"Condition": {
"StringEquals": {
"aws:sourceVpce": "vpce-0a1234cdf6bee1234"
}
}
}
]
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

仮にVPCエンドポイントを指定しない場合(Condition部分)、他アカウントのEC2から、プライベートAPIにアクセスすることが出来てしまうらしいので注意です。(試したことありません)

エンドポイントのプライベートDNS名が無効の場合

エンドポイントのプライベートDNS名が無効の場合ですが、curlで叩く際にヘッダにHostとURLはパブリックDNSを指定する必要があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA