AWSのAmazon Auroraを構築する

求人
AWSのAmazon Auroraを構築する

AWSというと個人的にはDynamoDBというイメージが強いですが、RDSのAuroraもすごいようです。

MySQLと互換があり、RDBのMySQLよりスループットが5倍も違うようです。

その他10GB~64TBまでディスクがシームレスにスケールするといった特徴があり、オートスケールしてくれるようです。

高可用性も特徴のようで、Multi-AZ(アベイラビリティーゾーン)や自動フェイルオーバー機能がついているようです。

とにかくお金があるならAurora レプリカにしておけ、ってことですね。

よくある質問

ではさっそく構築してみましょう。

AWSのAmazon Auroraを構築する

「Amazon Aurora」を選択して今回はMySQL5.6にします。

一番下に「次へ」ボタンがあるので押します。

AWSのAmazon Auroraを構築する

キャパシティはとりあえずProvisionedで。

Provisioned < Provisioned with Aurora parallel query enabled < Serverless

なんでしょう。お値段と相談でしょうか。

DBインスタンスもとりあえず最低の「db.t2.small」にしました。

Multi-AZは有効にしておいた方が良いです。

AWSのAmazon Auroraを構築する

次にDBインスタンスの設定を行います。上記のように適当に行いました。「次へ」ボタンを押します。

AWSのAmazon Auroraを構築する

ネットワークとセキュリティの設定をします。インターネットからアクセス可能にする場合はパブリックアクセシビリティを有効にしておく必要がありますし、そうでない場合は無効にしておきます。

この辺のネットワークに関することはセキュリティエンジニアに相談するべきです。もしくは参考サイトをご覧ください。

AWSのAmazon Auroraを構築する

データベースの設定を行います。クラスターは未設定でも問題ありません。

参考サイト

AWSのRDSのパブリックアクセシビリティとは

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

AWSのAmazon Auroraを構築する

AWSのAmazon Auroraを構築する

AWSのAmazon Auroraを構築する

AWSのAmazon Auroraを構築する

「削除保護の有効化」はチェックオフにしておきましょう。今回はとりあえず作るだけです。

最後に「データベースの作成」をクリックすれば作成されます。数分かかりますがこれで完了です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA