AWSのEC2上のApacheのアクセスログをCloudWatchで確認する

求人
AWSのEC2上のApacheのアクセスログをCloudWatchで確認する

EC2上にApacheをインストールする方法は以下の通りです。

これでEC2のEIPにアクセスすると、Apacheのwelcomeページが表示されます。

目的は、EC2上のApacheのaccess.logをCloudWatch Logsを使用してCloudWatchのログ出力することです。

AWSのEC2上のApacheのアクセスログをCloudWatchで確認する

EC2からCloudWatchにアクセスするので、IAMロールに「CloudWatchFullAccess」を付与しておきます。

CloudWatch Logsエージェントのインストール

CloudWatch Logsエージェントをインストールします。

awscli.confのリージョン修正

/etc/awslogs/awscli.confファイルを修正します。

以下、例です。

awslogs.confの修正

/etc/awslogs/awslogs.confファイルを修正します。

以下、例です。ファイルの末尾に追記します。

設定ファイルを変更したら、サービスリスタートする必要があります。

EIPのIPアドレスでEC2のApacheにアクセスすると、CloudWatchにログが出力されていることが確認できると思います。

上記の設定では、ロググループは「/log/httpd」です。

AWSのEC2上のApacheのアクセスログをCloudWatchで確認する

アクセスログが表示されていることが確認できます。

initial_position = start_of_file

ファイルのどの位置からデータの読み出しを開始するかを「initial_position」に設定するので、デフォルト設定では指定したファイルのすべての内容が送信されます。

ちなみにCloudWatch Logsはfileに設定したファイル名にプッシュしていきます。

CloudWatch Logsエージェントのバージョンを確認する

バージョンを確認するには以下のコマンドで確認できます。

CloudWatch Logsエージェントの転送料金

どうも料金を調べていると、転送料金が高い?ようです。(私調べ)

ということでaccess_logの差分のみ転送できないかとか調べてみましたがどうも出来ないようです。

転送頻度がデフォルト5000ミリ秒なので、それをbuffer_durationで変更することは可能なようです。

ユーザーガイド

リファレンス

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA