AWS CDKでLambda(node.js)のProvisioned Concurrencyを設定してデプロイする方法

AWS CDKでLambda(node.js)のProvisioned Concurrencyを設定してデプロイする方法

  バージョン
CDK 2.27.0

AWS CDKでLambda(node.js)デプロイする際にプロビジョニング設定をする方法です。

Lambda v14からtop level awaitがサポートされたので、重い初期処理はhandler外に記述し、同時実行数を設定しておくことによってコールドスタート問題が解決されるようです。

addAliasメソッドでエイリアス作成し、同時実行数=2とします。

これでデプロイします。

hogeというエイリアスが作成されて同時実行数が2となります。

AWS CDKでLambda(node.js)のProvisioned Concurrencyを設定してデプロイする方法

参考サイト

AWS Lambda(node.js v14)でES ModulesとTop Level awaitがサポート

AWS Lambdaのコールドスタートを解決するProvisioned Concurrency機能

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA