AWS PinpointでAndroidにプッシュ通知を送信する方法

AWS PinpointでAndroidにプッシュ通知を送信する方法

AWSのPinpointを使えばiPhoneやAndroidにプッシュ通知を送信することが可能です。

今回はAndroidの実機とAWS CLIで確認します。

Pinpointプロジェクト作成

Pinpointでプロジェクトを作成します。

「Settings」-「Push notifications」を選択します。

今回はAndroid端末で試しますので、FCMのAPI Keyを設定します。(FCMでいうサーバーキーです)

PinpointでiPhone,Androidにプッシュ通知を送信する方法

「Save」します。FCMがEnabledになっていることを確認します。

PinpointでiPhone,Androidにプッシュ通知を送信する方法

エンドポイント登録

まずエンドポイントを登録します。このエンドポイントに対してプッシュ通知を行います。

以下のようなobj.jsonを作成します。

obj.json

プロジェクトIDはAWS Pinpointでプロジェクトを作成すると発行されるIDです。

エンドポイント名は必須、かつ、複数指定が可能です。こ のエンドポイント名に対してプッシュ通知をすることができます。

デバイストークンはAndroid実機でデバッグして取得してください。ChannelTypeは以下の通りです。

項目 端末
GCM Android
APNS_SANDBOX iPhone
APNS_VOIP_SANDBOX iPhone
APNS iPhone
APNS_VOIP iPhone

ファイルを作成したら、以下のコマンドを実行します。現時点で東京リージョンはサポートされていませんのでオレゴンで実行します。

エンドポイントが登録出来たら以下のようなメッセージが返ってきます。

このエンドポイントに対してメッセージ送信してみます。以下はGCMMessageとあるようにAndroidのエンドポイント用のメッセージです。

msj.json

jsonファイルを作成したら以下コマンドを実行します。

プッシュ通知出来たら以下のようなメッセージが返ってきます。

Android実機は以下のようにプッシュ通知されていることが確認できます。

AWS PinpointでAndroidにプッシュ通知を送信する方法

AWS Lambda(node.js)で試したい場合は以下ページが参考になります。

https://docs.aws.amazon.com/AWSJavaScriptSDK/latest/AWS/Pinpoint.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA