AWS RDSに固定IPアドレスを割り当てる方法

AWS RDSに固定IPアドレスを割り当てる方法

AWS RDSに固定IPアドレスを割り当てるにはENI(Elastic Network Interface)にEIPを割り当てる必要があったようです。

参考サイト

現時点では「AWSのRDSのパブリックアクセシビリティとは」でも説明したとおり、この設定を「はい」か「いいえ」にするだけで、裏では自動でENIに固定IPアドレスが割り当てりか割り当てないかの設定をしています

RDSのENIを見てみます。※EC2のネットワークインターフェース

AWS RDSに固定IPアドレスを割り当てる

RDSのENIのグローバルIPが空白になっているのがわかります。なのでインターネットから直接RDSに接続できる状態ではありません。

では、RDSのパブリックアクセシビリティを「はい」に変更します。※反映までに数分かかりました

AWS RDSに固定IPアドレスを割り当てる

RDSのENIにグローバルIPが割り当てられていることがわかります。

これで、ENIにグローバルIPをわざわざ割り当てる必要なく、パブリックアクセシビリティの設定だけでグローバルIPが割り当てられることがわかります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA