AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

RDS作成後にRDSのアベイラビリティゾーンを変更する手順です。

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

マルチAZにします。

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

再起動します。

セカンダリ確認

これでセカンダリが表示されていることが確認できます。

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

フェイルオーバーで再起動

マルチAZありにすると、フェイルオーバーで再起動することが出来ます。

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

これで再起動が終わると、プライマリのアベイラビリティゾーンとセカンダリのアベイラビリティゾーンが入れ替わります。

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

AWS RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA