AWS X-RayでAPI Gateway + Lambda + SNSをトレースする

AWS X-RayでAPI Gateway + Lambda + SNSをトレースする

だいぶ前にAPI Gateway + Lambda + DynamoDBでX-Rayを使おうとしたのですが、その当時はDynamoDBの部分が上手く可視化できなかった?ようなことがあり、断念しました。

今は簡単に可視化できるようになっており、ボトルネックを調べたりパフォーマンスを見ることができるようになっているようです。

API Gateway トレースの有効化

API Gatewayでトレースの有効化を行います。

API Gatewayをデプロイした後、ステージエディターで「ログ/トレース」から「X-Rayトレースの有効化」にチェックを入れます。

AWS X-RayでAPI Gateway + Lambda + SNSをトレースする

Lambda トレースの有効化

Lambdaでトレースの有効化を行います。

「アクティブトレース」にチェックを入れて保存します。

AWS X-RayでAPI Gateway + Lambda + SNSをトレースする

SNS トレースの有効化

SNSのマネジメントコンソールでは有効化する設定が見当たりませんが、以下にある通りサポートをしているようです。

Amazon SNS で AWS X-Ray のサポートを追加

開発者ガイドを見ると、aws-xray-sdkモジュールのインストールが必要です。

これでLambdaを以下のように書き換えます。

これでAPI Gatewayをデプロイした後にGETでも実行します。そのあとにX-RayのTracesを見てみましょう。

AWS X-RayでAPI Gateway + Lambda + SNSをトレースする

機会があれば、API Gateway + Lambda + PinpointでX-Rayが正常表示されるか試してみたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA