DockerでWindows Server Coreを使用する

DockerでWindows Server Coreを使用する

DockerはLinuxベースのイメージですが、Windows Server Coreというイメージをpullすることが出来ます。

常駐アイコンを右クリックし、「Switch to Windows Containers…」をクリックします。

Dockerをリスタートします。

コマンドプロンプトで以下実行して、pullします。

10分くらいかかると思います。

DockerでWindows Server Coreを使用する

これでpullできました。次にコンテナ作成します。

PowerShellで起動

exitするとコンテナも停止します。

コマンドプロンプトで起動

exitするとコンテナも停止します。

cmdでコマンドラインからソフトウェアをインストール

Windowsのパッケージマネージャーのchocolateyをインストールします。

https://docs.chocolatey.org/en-us/choco/setup※現時点でのインストール方法です

chocoとタイプすればバージョン確認できます。

chocolateyでawscliインストール

これでawscliをインストールします。pathを反映させる場合はその後に必ずrefreshenvを実行します。

これでawsコマンドが使えるようになります。※echo %PATH%で確認

aws configure

上記のアクセスキーなどは適当ですが、この設定をすればaws cliコマンドが実行できるコンテナとすることが出来ます。

AWS Batchでは使えない

ECRにpushしてAWS BatchをWindowsコンテナで行いたい場合などは、このイメージからコンテナを作成し、イメージ化してECRにpushすることは出来ます。

ですが肝心のAWS Batchのコンピューティング環境にWindowsが対応していません。

参考サイト

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/batch/latest/userguide/create-batch-ami.html

https://hub.docker.com/_/microsoft-windows-servercore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA