Eclipse(STS)のプロジェクトで使用しているjvmのメモリ設定方法

Eclipse(STS)のプロジェクトで使用しているjvmのメモリ設定方法

Eclipseはjavaで実行されているため、Eclipse自体を高速に動作させたい場合は、iniファイル内のメモリ割り当てを増やせばEclipseの動作が早くなります。-vmargsより下の行に記述します。

これで設定完了です。確認するには、「ヘルプ」-「Spring Tool Suiteについて」から「インストール詳細」をクリックします。

「構成」タブをクリックます。

Eclipseのプロジェクトで使用しているjvmのメモリ設定方法

プロジェクトに割り当てるヒープメモリ

Eclipse内で作成したプロジェクトが使用しているjavaのjvmのメモリ設定値を設定したい場合は、「ウィンドウ」ー「設定」から設定します。

Eclipse(STS)のプロジェクトで使用しているjvmのメモリ設定方法

「編集」を押してvmに引数を渡します。

Eclipse(STS)のプロジェクトで使用しているjvmのメモリ設定方法

デフォルトのVM引数に指定すればOKです。ヒープサイズと、OOMEが発生した場合のダンプを出力する設定にしています。デフォルトではワークスペース直下にダンプファイルは出力されます。

ダンプファイルを解析するにはMemory Analyzerが便利です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA