ECMA Script6(JavaScript)のMapクラスの使い方

求人

ECMA Script6(JavaScript)のMapクラスの使い方についてです。

JavaのMapとほぼ同じ気がします。

キーと値をセットしてくれます。

以下、記述例です。

上記のようにmapがキーと値を保持してくれます。

キーは必ずしも文字列である必要はなく、極端ですがオブジェクトなどでもよいようです。

以下は、キーに空のオブジェクトを渡している例です。

結果は以下のようになります。

setでキーと値をセットし、getの引数にキーを指定すると、そのキーに該当する値が返ってきます。

Mapのキーや値をfor ofを使用して取得する

Mapなのでfor分でループするケースがでてくると思います。

キーを取得するにはkeysメソッド、値を取得するにはvaluesメソッドが用意されています。

結果は以下のようになります。

次はvalueの一覧を取得する例です。ロジックは同じです。

結果は以下のようになります。

Mapのキーと値をfor ofを使用して同時に取得する

Mapのキーと値をMapのインスタンスから同時に取得することができます。

以下のように配列を使います。

結果は以下のようになります。

Mapのキーを削除する

Mapにsetしたキーを削除するdeleteメソッドが用意されています。deleteメソッドの引数にはキーを指定します。

結果は以下のようになります。

Mapにsetした全てのキーを削除するにはclearメソッドを使用します。

clearメソッドに引数はありません。

結果は以下のようになります。

Mapのコンストラクタ

Mapのコンストラクタには配列の配列を渡してキーと値をセットしておくことができます。

結果は以下のようになります。

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA