Gradleで作成したSpring BootをSTSのGradleタスクビューで起動する方法

求人
Gradleで作成したSpring BootをSTSのGradleタスクビューで起動する方法

Spring BootをGradleで作成する方法」で作成したSpring BootをSTSのGradleタスクビューで起動することができます。

STSの「ウィンドウ」-「ビューの表示」で「その他」からGradleタスクとGradle実行を選択します。

bootRunを右クリックして「Gradleタスクの実行」を選択します。

Gradleで作成したSpring BootをSTSのGradleタスクビューで起動する方法

これで、Google実行ビューを見ると起動されているのが確認できます。

Gradleで作成したSpring BootをSTSのGradleタスクビューで起動する方法

http://localhost:8080/でアクセスできます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA