gulpタスクに引数を渡す方法

gulpタスクに引数を渡す方法

gulpタスクに引数を渡したい場合にminimistモジュールを使えば引数を指定することができます。

env引数を渡す例です。

const minimist = require('minimist');
const options = minimist(process.argv.slice(2), {
string: 'env',
default: {
env: 'test'
}
});
const stage = options.env; // stage変数に引数の値が渡る

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

env引数のデフォルト値はtestです。gulpタスク実行時に--env=prodとするとenv引数はprodとなります。

以下、gulpfile.jsです。

const minimist = require('minimist');
const options = minimist(process.argv.slice(2), {
string: 'env',
default: {
env: 'test'
}
});
const stage = options.env;
gulp.task('deploy', function() {
if(stage === 'test') {
// something
} else if(stage === 'prod') {
// something
}
});
// gulp deploy –env=prod というように実行する

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

gulp deploy --env prodでもパラメータはわたります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA