intra-martのresin-resource.xmlでデータを定義する

intra-martのresin-resource.xmlでデータを定義することができます。

imart\conf配下にこのファイルがあります。直接修正しても良いですが以下URLの画面から修正することが可能です。

「データソース設定」画面から編集することができます。が、この際、エディタなどでresin-resource.xmlを開いていると修正が反映されず、画面は正常終了するので注意する必要があります。

この操作をしてしまった場合は、エディタを閉じてからもう一つデータソースを新規作成すれば不整合が解消されます。

http.xmlにも同じように定義が記述できますが、このファイルに書いたデータソースは画面から修正できないため、このhttp.xmlで定義することはお勧めしません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA