Javaのデザインパターンシングルトン

Javaのデザインパターンシングルトン

デザインパターンのシングルトンについてです。

シングルトンはAPサーバ起動してからインスタンスが常にひとつであり、ガベージコレクションの対象外となるのが特徴です。

通常ガベージコレクションの対象となり、メモリから解放されますが、シングルトンは自分自身を参照しているので、ずっとメモリ上に存在します。

インスタンス生成できないようにコンストラクタはprivateにします。

getInstanceメソッドは同期しなければいけません。

インスタンスはグローバル変数となります。

メリットは省メモリプログラミングであることです。

デメリットはテストがしにくかったり、クラス間のつながりが強くなると言う事が上げられます。

以下、シングルトンのサンプルです。

enumによるシングルトン

Javaのenum(列挙型)を使えば簡単にシングルトンを実装することが出来ます。

これはenumがprivateコンストラクタ、継承不可能であることを利用しています。

使用方法です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA