JavaScript(TypeScript)のObject.keysの使い方

JavaScript(TypeScript)のObject.keysの使い方

Object.keysを時々使いますが、メモってなかったことに気づいたのでメモです。

Object.keysの引数にはオブジェクトを渡します。そのオブジェクトの列挙可能なプロパティが配列として返ってきます。

クラスのインスタンスを引数に渡すことも可能です。継承されたクラスの場合は、親クラスのプロパティも返します。メソッドは返しません。

上記はTypeScriptで記述していますがJSも動作は同じです。

JavaScript(TypeScript)のObject.keysの使い方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA