JenkinsでAnt実行し、checkstyleを実行する

Jenkinsの新規ジョブ作成で、ビルドやCheckstyleをAntでビルドします。

以下はcompileしてからcheckstyleを実行する例です。

Jenkins\workspace\プロジェクト名\配下にbuild.xmlを配置します。

「ビルド後の処理」でCheckstyle警告の集計を選択します。

修正するファイル配置場所を適当に記述します。xml形式にします。

workspace\プロジェクト名\がデフォルト位置になります。

checkstyleのbuild.xmlの例です。

checkstyletask.propertiesは、checkstyle-all-4.4.jarファイル内に存在するファイルです。これをresourceで指定する必要があります。

「Checkstyle警告」というリンクが表示されるのでクリックすると、「Checkstyle警告の推移」が表示されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA