LINE Notify+node.jsで通知を行う

LINE Notify+node.jsで通知を行う

LINE Notifyを使ってnode.jsから通知をしてみます。

LINE Notify

LINE Notify+node.jsで通知を行う

「ログイン」を押します。

LINE Notify+node.jsで通知を行う

id,pw入力して「ログイン」を押します。

LINE Notify+node.jsで通知を行う

LINEアプリを起動して、本人確認します。本人確認出来たらLINE Notifyの画面がログイン後の画面に変わります。

LINE Notify+node.jsで通知を行う

「マイページ」をクリックします。

LINE Notify+node.jsで通知を行う

「トークンを発行する」をクリックします。

LINE Notify+node.jsで通知を行う

「トークン名」は適当で良いです。ここでは「test」にしています。

「1:1でLINE Notifyから通知を受け取る」を選択し、「発行する」をクリックします。

LINE Notify+node.jsで通知を行う

「コピー」をクリックしてトークンをコピーします。クリップボードにコピーしたら「閉じる」をクリックします。

このトークンを使用してnode.jsプロジェクトからLINE通知を行います。

nodeプロジェクト新規作成

コマンドプロンプトから以下実行してプロジェクト新規作成します。

index.jsファイルを作成します。中身は以下です。

index.js

これで完了です。index.jsを実行すればLINEに通知が行きます。

画像を送信する

画像を送信するにはmessageの他にimageThumbnail、imageFullsizeを指定します。

index.js

スタンプを送信する

スタンプを送信することができます。

stickerPackageIdとstickerIdを指定する必要があります。

index.js

これでindex.jsを実行すればLINEにスタンプ通知が行きます。

LINE Notify+node.jsで通知を行う

送信可能なスタンプリスト一覧です。

https://developers.line.biz/ja/docs/messaging-api/sticker-list/

グループLINEに通知

グループラインに通知する際はグループラインのトークンを取得し、LINE Notifyをグループラインに招待しておく必要があります。

LINE Notify API Document

https://notify-bot.line.me/doc/ja/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA