Linuxのtailコマンドで指定した文字でフィルターする方法

Linuxのtailコマンドで指定した文字でフィルターする方法

ログをtail -fコマンドで見たい、という事が良くあると思います。

ログが大量に出る場合、tailコマンドで見ていても対象ログかどうかわからなくて困ったことはないでしょうか。

としても’hoge’でフィルターはされません。

‘hoge’でフィルターしたい場合は以下コマンドでフィルターができますが、tailコマンドのようにリアルタイムでログ表示することができません。

grep –line-buffered

grep --line-buffered hogeとすることによってtailコマンドをフィルターすることが出来ます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA